じゅうたんのカビをとる方法

じゅうたんとは室内の床に敷く織物や敷物のことです。カーペットと呼ぶこともあります。歴史的には、織物や草でできた敷物や壁やテーブルを覆うものに使われていた言葉です。18世紀のヨーロッパで、一般的に室内の床に使用されるようになりました。当時は壁にかけるか、テーブルを覆うという現在と違う方法で使われていたようです。17世紀に通商航路が始まったことにより、ヨーロッパの西部では多くのペルシャ絨毯が導入されました。じゅうたんは湿気が酷いところに放置しておいたりするとカビが生えてしまうことがあります。カビから出される毒は発がん性を持っていたり食中毒の原因になるため吸いこんでしまうのは大変危険です。ぜんそくやアトピー性皮膚炎を引き起こす場合もあります。ペットにも害をもたらすこともあります。そしてカビは花粉よりも大変小さいため、目や鼻の奥の方にまで入り込んでしまいます。

カビが付いてしまったじゅうたんはカビキラーなどの薬剤で死滅します。使う際には換気を必ずして、目に入らないように注意してマスクやゴム手袋を必ずしてください。また、他の洗剤と一緒に使うと塩素ガスが大量に発生して大変危険な場合があります。商品に記載されている注意事項をきちんと読んでから使用するようにしてください。ちょっと捲って裏側からも除菌してください。においが残ってしまいますが、ファブリーズなどを定期的に噴霧しておけば徐々ににおいは薄くなっていきますし、再発するのを防ぐことができます。消毒用アルコールでも代用できます。また、畳の上にカーペットを敷いている場合、畳の方にもカビが移っている場合があります。そのときにはキッチンペーパーに消毒用アルコールなどをしみ込ませて拭くと良いです。1つ目の予防策は風通しを良くすることです。湿気が多いところに発生しやすいので、天気の良い日に開け放して乾燥させましょう。2つ目の予防策は日光に当てることです。天気が良い日にじゅうたんを外に干すと良いです。3つ目の予防策は汚れをきちんととることです。消毒用アルコールなどでこまめに汚れを取ることで発生することを防ぐことができます。

4つ目は湿度をあまり高くしない事です。上の方で述べたように湿気が多いところでは発生しやすいので除湿機を使用することをお勧めします。ただし除湿機は温風を出して除湿をするため、冬の使用は大丈夫ですが夏の使用は難しくなります。体のためにもじゅうたんはこまめに掃除するようにしてください。

コメントを残す

*