フローリングを模したじゅうたんの活用法

これから一人暮らしをされるような方々はもちろんのこと、転勤等に伴って新しい家に引越しをされようとしている方々、結婚されて二人で新しい家に引越し、新しい生活を始められようとされている方々もそうかと思いますが、特に賃貸住宅(自分で購入された家でもそうですが)では、「新居の床(フローリング等)をきちんと清潔に保ちたい」ということが、重要な要素の1つになるのではないかと思います。幾ら気をつけて生活をしているとはいっても、一定期間生活を行っていれば、お茶や水をこぼすことはもちろんのこと、よごれがつきやすい醤油やソースといたものや、色がつきやすいものをこぼして床を汚してしまうといったことも当然に起こりうることではないかと思います。最近では、特に敷金などに対しては、通常の家庭生活で使用した際につくような経年劣化による汚れのようなものに対しては、敷金をわざわざ充当しないというような判例も出ていることから、原則、借り手に対しては、敷金もかなりの額が返還されることになっているのではないかと思いますが、とはいえ、やはり自分が生活する家である以上は、もちろん、きちんと清潔に保ち続けたいと思っている方が非常に多いのではないかと思います。

こうした際に、役に立つものが、通常のフローリングと同じような柄をしている、いわゆるフローリングを模したようなじゅうたん(カーペット)のようなものです。こうしたものは、例えば、一般的なホームセンターのようなところなどで、規定のサイズを購入することが出来ます。これを引っ越した先の床の一面に、まず最初の作業として、じゅうたんの代わりに一気に引いてしまっておくことで、見た目には当然フローリングがそのままのように見えますし、もし仮に何かをこぼしたというようなことがあったとしても、このフローリングを模したようなじゅうたんは、撥水性のものなので、そのままふき取ることが出来ますし、もし仮に汚れがついてしまったとしても、そのまま全体をさっと張り替えるだけで事足ります。そして、退去する際にはそのフローリングじゅうたんを全部はがしてそのまま捨てるだけで、本来の床も綺麗なままというように、非常に便利です。こうしたカーペットのようなものをまず引いて、その上に、必要であれば、じゅうたんや、様々なマットを引けば、家具等をその上に置いた際に、床に直接接触しないため、傷もつかずに活用できるといったメリットもあります。